2006年12月16日

料理人とボディーワーク

おいしいお料理、大好き揺れるハート



・・・お料理の特集番組をみていると


料理だけではなく

料理人が手間ひまかけて、仕込み調理されてる所が

必ず映る。


おぉっ〜


工程をみると

ますます愛情をいっぱいかけてつくられたお料理が

食べたくなるのです。



最近、調理場をオープンにしている

オープンキッチンも主流になってきています。

みせる側
みる側

出来上がるまでの工程が、みえるというのは、

どちらの立場にとってもいい効果がでてますよね!


みせるという緊張感、
みることでわくわく

なにより裏が見れるというのは安心なんでしょうね。



ボデイーワークを

お料理であてはめてみると

どうでしょう??


最近、ありがたいことに
イベントに参加させていただく機会が
ふえてきました。


『さっきの人が受けてた気持ちよさそうなコースはどれ? 』
と聞かれる方

施術を
じっくり眺めている方


イベントは楽しいことを前提に
見ること
みせる事
とどちらも参加して楽しんでいます。

『みる』わくわくは、オープンキッチンの前のカウンターに座ってる気分!!


サロン・イベント・出張とステージがかわっても

ボディーワークがもっと身近なものに
少しでも元気のきっかけになればと
いつも願いながら

来ていただいたお客様に心を込めて施術させていただく

姿勢は同じ!



お料理でいう仕込みは、

素材の私が充実してる事
技術の向上


じっくりと

仕込み

手間ひまかけて愛情そそぎこんであげて


こつこつと毎日、仕込みの時間を大切に♪




posted by みそスープ at 15:19| Comment(0) | セラピストなお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。